Tough Toucanが何かつぶやいてます。since2011.6.4
私の散文は消しても何の問題もありませんが、
汁さんの力作を巻き込んでしまうのは勿体ない。

というわけで、新しいカテゴリーを作りました。
「SIRUが斬る」にコメントを今回から避難させます。

コメントが本文より長いなら、
それを本文にしてしまえば良いのではないかと。



拍手[0回]

職場の方に

「汁さんはカーリングが好きそう」

と言われたボクは
カーリング(主に女子)を見ましたw

なるほどwボクってそーゆーイメージなんだ(謎)

さて
ちょっと前から世間では流行していた
このカーリングという競技を
真面目に観戦2回w
ルールを調べた時間5分の天才(ぉぃ
ボクが考察してみたいと思いますw

5分しか調べてないので
間違っている前提で見てくださいw(爆

まず基本事項w

各チーム4名の選手がいて
それぞれが2個、つまり合計8個のストーンを投げますw
んで描かれている円、ハウスを狙いますw
これを10ラウンド行いますwww

ここまでは小学生でもたぶん知っているのではないかとw

ちょっと複雑なのは得点計算方法ですねw

カーリングの得点の計算は
両チームがすべてのストーンを投げた後の
ハウス付近の状況により採点されますw

まず最初に
一番中心に近いストーンを見ますw
一番中心に近いストーンを保有しているチームにのみ
点数が入りますw
要するにどちらか一方のチームは
必ず「0点」となりますねw

得点するチームを決めたら
次は
中心から近い順にストーンを見ていきますw
もちろん1番は得点チームのストーンですので
まず1個は確定していますねw


2番目が未得点チーム側だった場合
それ以降はカウントされませんw
つまり得点側チームの有効ストーンは1個w
ということで得点は1点となりますw

2番目が得点チームだった場合、そのストーンも
加点に含まれたのち、さらに次に中心に近い
3番目のストーンを見ることになりますw
これを繰り返していきますw

ということでまとめると
想定される最高得点は
ストーンの上限数である8点となりますねw
まぁそんなことは理論上あり得ないでしょうけどもwww

おっと抜けてましたw

全ストーンを投げ終わったときに
ハウスの有効範囲内に
1個も、どっちのストーンもなかった場合は
そのラウンドは両チームとも0点ですw

そして
加点したチームは
次のラウンドは先攻になりますw
逆に言うと
加点されてしまったチームは
次のラウンドは後攻ですw
なお、0対0の引き分けの場合は
先攻後攻の交代はなし、さっきのままとなりますw

カーリングは
後攻が有利、と一般的には言われますw
これはどういうことか、と申しますと
後攻はつまり、最後の一投を投げることができますw
世界大会級の選手の場合は
例えば、ハウスのど真ん中に落ちているストーンに
今から投げるストーンをカチ当てる程度のことは
まず失敗しないwということを考えれば
要するに
最後の一投を投げられるということは
結果となる最終盤面に、最後にアクセスする権利があるw
という意味でもあるので
有利wという表現は間違っていないワケですねw

しかしよーく考えると
実はそうとばかりも言えないワケですw

先に述べました点数計算ルールを踏まえると
例えば
このラウンド後攻だった某チームに対して
用意される結末は以下のパターンとなりますw

A:複数得点をゲットする
B:1点をゲットする
C:0対0の引き分け
D:相手チームが加点する(スチール)

このパターンについて考察しますw

まず最初に考えるべきなのが
B:1点をゲットする
パターンですねw

なぜこれが1番なのかwといいますと
先ほども申し上げたとおり
最後の一投を投げるに当たり
一流の選手であれば
よほどのこと(盤上にストーンがゴチャゴチャしてるとか)
がない場合においては
ハウス中心部、つまり1番になる場所に
ストーンを置きに行くことは基本出来て当たり前レベル
ということは
後攻だったら1点取るのは至極当然レベルw
と言えるからですねw

メリットはもちろん1点が貰えることw
デメリットとしては、次のラウンドは先攻となることw
これをまず覚えておきましょうw

で、それを踏まえてw

言うまでもなくベストなのは
A:大量得点ですw
次のラウンドは後攻となるのは確定ですが
相手が同様に大量加点できる確証はないw
いや寧ろ1点どまりになる可能性のほうが極めて高いのですから
勝利には大きく近づくワケですw

逆に基本やっちゃいけないのは
D:先攻が加点(スチール)となるでしょうw
まぁ次のラウンドも後攻になるwというメリットが
一応あるっちゃあるんでしょうけども
基本1点を取り合う中で
予想外の点を相手に与えることが
いいことなワケがないですからねw

ルールが複雑化するw
そして言い換えるならば面白くなっているのが
C:0対0で引き分けの場合ですw
先攻、後攻が変わらないということは
現在後攻で、どちらかというと攻める立場にある自分が
引き続き攻めることが出来るwというのはメリットですw

原則攻める立場の後攻は有利wなんですけど
実は大きな落とし穴がありますw
10ラウンド終了時に
総合得点が同店だった場合
延長戦が始まりますw
延長戦の終了条件は
どちらかが点数を取った瞬間ですw

つーことは
延長の11ラウンドに後攻だったら
1点取るのは余裕なんですよね?

つまり10ラウンドに後攻で
加点して同点になったら
一気に不利になるwなんて可能性もあるワケですよねw

この辺の駆け引きがアツいワケですw

特に後半は、このラウンドの押し付け合いw
そして押し付けるためにあえて0対0を狙いに行く戦術など
様々な思惑が飛び交うワケですよw

なるほどw
ボクが好きそうなスポーツですことwww

興味がある方はぜひw
(オリンピックはもう終わっちゃいましたけどwww)
しる 2018/02/25(Sun) 11:26

拍手[0回]


 
おひさしぶりですwww
今日、ラジオで本の紹介をしてまして
タイトルが
「道徳自警団が日本を滅ぼす」とか
そんな感じでしたねw

ボクは過去に自分の日記にも
「マナーを声高に叫ぶ不謹慎厨が~」と
何度か記事にした記憶がありますが
述べたい主旨は概ね同じかなぁと思いましたw

道徳とマナー、厳密な違いは分かりませんが
イメージ的に言うなれば
明確な取り決めはないけどこうすべきだろw
という曖昧な性質だと思いますw
これには、2点の問題がありますw

まずひとつめは
誰かが厳密に決めているルールであれば
問い合わせる先が明確になるのですが
誰も明確に決めていないものは、問い合わせられない
という点ですw

そして2つめは
常々ボクは申し上げているように
人間の価値観はおそらく千差万別で
ある人が是としても
違う人は非とすることは
世の中にいっぱいあるw
わけですw
ということは、個々が考える道徳やらマナーには
万人が納得する正解が存在しないw
と言い換えることが出来るw
という点ですw

つまりまとめると

どうしたらいいかわからないwww

という結論になりますねw

これだけでも面倒な話なのですが
最初に挙げたような「道徳自警団」のような人種が
我が物顔で徘徊し、己の道徳観から逸脱している、と
断定した人間を、神にでもなったかのように断罪するw
という不条理が、話をややこしくしますw

ちなみに
ご存じかもしれませんが
昨今、天候が大荒れでして
凄まじい積雪が発生しておりますw

このような場合、除雪をすることになりますw
しかし除雪を行うと
どかした雪をどうするかw
という問題が発生しますw

この雪を
どこに移動させたとしても
数多いる関係者のだれかには
迷惑をかけることになりますw
このかけた迷惑を
「道徳自警団」に目をつけられ糾弾されるのではw
と考えると、ボクは恐ろしくてたまりませんwww

やっても怒られる可能性があり
やらなくても怒られる可能性があるw
ならば
労力を割かないほうがマシwwwwwww

そう考えることを責める奴が居るなら話を聞いてみたいw
追い詰められた善人を鞭打つ前に
その人を追い詰めた原因を取り除いてみろよwとw
ボクは言ってみたいわけですねw

で、話を戻しまして

「道徳自警団」自体は
おそらく昔からある程度存在していたと
ボクは思っていますw
しかし、現在問題として顕著化してきた
最大の理由は
残念なことにネットの普及による
個人の発言力の肥大が大きいと思いますw

ネットの普及により
昨今は一個人が、非常に簡単に
意見を発信できるようになりましたw
これ自体は、非常に喜ばしいことですw

しかし、これにより
本来であれば、ほぼ個人レベルで考えるべきだった
「道徳」や「マナー」が
必要以上に声高に叫ばれることになり
また、ネットの匿名性であったり、発信範囲の広さから
その案件を自分の身の回りの出来事と捉えない
無責任な通行人が、綺麗事に簡単に賛同し、
それによりさらに自警団は
自分たちの押し付けているものが
世間に受け入れられていると曲解するw
という悪循環を生んでいるw
とボクは思うワケですw

さて
ラジオの後半において
この本は
この自警団の増加要因を
「経済発展の停滞による余裕の喪失が原因」
と分析していたようですが
ボクは残念ながら、この部分には
異を唱えさせていただきたいw

もっと重大な原因があるw
とボクは思っていますw

それは
個人にネットという強力な武器が与えられ
個人は今や「弱者」ではなくなった
とボクは考えているのですが
残念ながら世間の個人は
どうやらそうは考えていないw
という点だと思うのですw

福祉国家では
「弱者」は庇護されるべきものw
そして対となる「強者」は
「弱者」に配慮すべきものw
とされているんじゃないかなw
と思うわけなのですw

つまり今や「強者」となった個人は
本来、武器を振りかざすのではなく
周囲を思いやり、配慮しなければならない立場なのでは
と思うのですw

以前からボクは思っているのですが
ぶっちゃけ「弱者」には利権があるのですw
奴らはこの利権を手放したくないw
政治的ワードでいえば既得権益ですw
なので未だ「弱者」のフリをしていますw

「弱者」を救済する
という理念は非常に崇高ですw
この崇高な理念の実現を妨害する
「似非弱者」を
徹底的に糾弾し殲滅しないと
社会の大きな損失に繋がってしまい
先述の本の言葉を借りれば
「日本が滅びてしまう」ことになりかねませんw
しる 2018/02/08(Thu) 16:44

拍手[0回]

Admin / Write
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
アーカイブ
著作権表記に基づく表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.