汁さんが何かを斬り、タフが何か呟いてます。そんな場所。since2011.6.4
狼負け
霊媒負け
予言負け
予言負け

村人負け
狼勝ち

何とか連敗が止まりました・・・w


2018年5月20日~(前回まで年間違えてましたw)
6勝22負  最大連勝・連敗:5連勝、22連敗
狼8
狂人1
村人11
騎士1
占い師4
霊媒1
一般兵1
巨人化兵1
 

拍手[0回]

>★8日目
>
>天気予報が降ると言っていたのに
>全然降りませんw
>
>仕方ないので出かけることにしましたw(ぇ
>
>ただ、予定外だったので
>
>氷、作ってねぇわwww
>
>というわけで保存方法については
>昨日と状況が変わっていませんw
>まぁ今回はスタッフが多いので
>買いに行くことは難しくありませんw
>
>多くなったスタッフとは家族全員ですw
>
>サビキの仕掛けが悉く死んだため
>今回はちょい投げ釣りにしますw
>というわけでイソメを100円分買いまして
>ついでに針を買いますw
>
>針だけにするか、おもり込みにするか
>しばらく迷ったのですが
>なんかそろそろおもりも1個くらいなくす予感がするので
>おもり込みのセットにしましたw
>
>Jrの今回の最大の目標は
>「にっくき暗黒貝を倒す」でありますw
>仕入れた武器(100均カナヅチ)で
>貝の野郎をボコボコにして
>あわよくばそのままエサ代わりにしてくれようw
>という企画でありますw
>
>出陣し、いつもの場所に陣取りましたw
>なお、この日は天候は
>雨と言っていたが降らないwだがどんよりw
>という感じだったワケなのですが
>釣りに来ているファミリーが
>いつもより多数見受けられましたw
>
>これは即ち
>「雨と聞いていたので外出する計画は立てなかったが
>いざ当日になったら晴れているのですることがないw
>そうだw釣りに行こうwww」
>という人間が多いのではないかw
>とボクは推察する次第ですw
>
>ちょい投げ釣りなので
>目標はいつもどおり
>シロギスとアイナメw
>そしてハンマーを試したいwという
>邪悪な思想から暗黒貝を狙いますw(ぉ
>
>Jr用の針は前回のをリサイクルしたので
>針が1本しかない仕掛けですw
>ボクは買ってきた新しい針を出しまして
>2本の竿に計3本の針にて釣りますw
>
>ほどなくして
>やや小さめながらシロギスをゲットw
>ビクを用意してとりあえず確保しますw
>
>やがてJrがついに暗黒貝をゲットwww
>Jrはハンマーを持ってウキウキしていますw
>Jrのつたないハンマー捌きで
>何度かぶん殴った結果
>貝は裸になりましたwww
>せっかくなのでそのまま投げてみましたwww
>
>重いwww飛ばないwwwww
>
>まぁしばらく放置してみることにしましょうw
>
>そしてボクの竿をあげようと思ったら
>なんか重いw
>ただ、ヒキはありませんw
>かといって固定もしませんw
>つまり
>魚でも貝でもありませんw
>
>草が絡まったのか
>或いはナマコ再びかw
>ボクの竿が上がった結果w
>
>甲www殻www類wwwww
>
>カニが釣れましたwww
>なんか足とか青いですwヤバそうですwww
>ここは慎重にトングで掴むべきでしょうw
>毒はないと思いますが
>挟まれたらいたいじゃないですかwww
>
>観察すると
>このカニwしっかりと針を咥えていますw
>紛うことなく「釣れて」いますw
>そんなこともあるんですなぁw
>
>暴れるカニのハサミをかいくぐり
>どうにか針を外しまして
>あまりに珍しいのでバケツに確保w
>
>持って帰る気は微塵もないですし
>カニは魚よりもそーゆーところ強そうだから
>別にいいかなwと思いましたwww
>
>汁子はカニに夢中w
>ついでにJrもカニに夢中ですw
>
>その頃、引き上げた暗黒貝の残骸は
>所謂内臓がなくなってしまいましたが
>食われたのか、波や着水の衝撃で吹き飛んだのかは不明w
>そのまま放置しても全然面白くないし
>狙っているサイズの魚は食えそうにないし
>ということで
>ボクのハサミで口を残してちょん切りましたw
>
>ぐっばいwww事務キチで見つけた携帯用ハサミwww
>(もう釣り以外の用途には使えませんw)
>
>というわけで
>食べごろサイズになった貝は
>改めてエサとして効果があるかを検証するため
>海に沈められたのでしたwww
>
>そんなことをやっている間に
>ボクの竿をいじっていたJrが
>アイナメの稚魚をゲットw
>なんとか生かして帰したいと
>必死に針を外して即リリースしましたw
>
>その後頑張るものの
>特に釣れずw
>暗黒貝は我が家の凶行に恐れを成したのか
>それ以降1匹も釣れませんでしたwww
>
>余所のお子様(おにゃのこ)がカニを見に来て喜び
>キスもあるよw(ただし1匹)と言うと
>見たいらしいのでビクを上げたところ
>
>いなくなっておるwwww
>
>固定が甘かったために完全水没したようで
>このビク、ふたがないものですから
>きっと逃亡してしまったのでしょうw
>まぁ1匹持って帰っても仕方ないので
>リリースする気ではいましたがwww
>
>というわけで
>最後まで元気いっぱいだったカニもリリースし
>手ぶらでの帰宅となりましたw
>
>帰宅後
>撮影した写真をもとに
>カニの正体を調べたところ
>
>タイワンガザミ(雄)と判明w
>
>美味度:★★★★☆
>
>な、なん、だと・・・?!w

拍手[0回]

>★7日目
>
>この週末、天気予報では
>土曜=曇、日曜=雨とのことでしたw
>
>ということは行くなら土曜ですねwww
>
>ということでJrに言っておいて
>当初は「行く」と言い放っていたJrですが
>直前になって「やっぱ行かない」と
>堂々のドタキャン宣言ですw
>
>面倒くさくなったので
>一人で行ってみることにしましたw
>
>せっかく一人で行くのであれば
>子連れでは試せないことを試したいw
>
>釣り具屋さんの掲示板等で
>「アジが寄ってきた」と書いてあったため
>今回はサビキで行こうかなw
>と思いましたw
>
>出発前に冷凍庫を覗いたところ
>氷がありませんwww
>
>これはまずいw
>
>例えば
>Jrと二人で行くとしますw
>ご家庭に氷がない場合
>釣り具屋で買うことは出来ますw
>しかし釣れなかった際には完全に無駄な買い物になりますので
>大漁だったら買いに行くw
>という戦略を取りたいところですw
>で
>この場合、Jrが居てくれれば
>ビクを監視させつつ、車で買いに行くことが出来ますw
>
>これが一人だと
>監視要員が居ないwということになり
>難易度が上がってしまいますw
>
>困りましたが
>そもそも釣れなければどうということもないw(悲
>ので
>そのまま向かってみましたw
>
>面倒になったので結果w
>
>豆アジ×1匹w(爆
>
>念のために申し上げておきますが
>通常、アジは群れで回遊していまして
>普通1匹当たったら連続して当たるはずなんですw
>なぜ1匹だけなのかwwwコイツ迷子なのかwww
>
>このサイズだと
>揚げ物にするとまるごと食べられるので
>決して悪いサイズではないのですが
>1匹じゃなぁ・・・w
>
>というわけで放流w
>
>んで
>今回、ソロの利点を生かして取り組んだ
>普段できない試みなんですけど
>場所をいつもの公園前ではなく
>その先端に変えてみたんですねw
>
>柵があるギリギリの場所にしましたw
>本当はもう少し先端にガチの防波堤があって
>そこで釣っている人も見たんですけど
>そこに行くのはさすがに危ないかなぁw
>と思い至りやめたんですけどもw
>
>まぁ場所を多少変えても釣れないw
>ということが判明しましたw
>
>んで損失ですが
>汁子が100均で買ったジグをつけたエサ無し仕掛けセットが
>根掛かりのため半壊wジグはもちろんロストですw
>あとJrの使っていたサビキカゴが壊れましたwww
>さんざんですねwww
>
>当分サビキはやめようwとボクは思いましたw

拍手[0回]

>先日お伝えしたJrの宿泊体験時、及び
>そろそろシーズンインする学校プールの清掃活動に
>「ウォーターシューズ」なる靴が必要とのことw
>なんじゃそりゃwと思ったが
>要は水辺で活動しやすい
>・脱げにくい
>・足をしっかり保護する
>・それでいて濡れても不快にならない
>そんなアイテムらしいwへーw
>
>何処に売っているのでしょうかw
>やはり靴屋でしょうかw
>それともマリンスポーツ関連でスポーツショップでしょうかw
>
>・・・海の活動って言えば釣りじゃね?w(爆
>
>最近釣りにハマりすぎて
>ツリキチ三平か釣りバカ日誌かといわんばかりに
>思考が釣り寄りのボクですが
>
>靴屋とスポーツショップと釣り具屋が
>比較的近隣に密集している複合ショッピング施設が
>なんと海の近くにあるんですw
>いやまぁ最近ちょいちょい行ってる釣り具屋なんですけどねw
>
>というわけで
>ウォーターシューズを入手しがてら
>釣りをするwという企画に相成りましたwww
>
>まぁ釣りに限ったことではないと思いますが
>物事を実行しようとした場合
>いろんな角度から決定するじゃないですかw
>
>我が家の釣りの場合、このような角度が想定されますw
>
>1:何を釣りたいか
>2:どのように釣りたいか
>
>具体的には
>我が家が保有する設備や経験を勘案すると
>現在選択できる釣法は2種類あるわけですw
>
>まずサビキ釣りw
>道具はありますwエサのオキアミは買わないといけませんw
>釣れる見込みの本命はアジですねw
>
>そしてちょい投げ釣りw
>道具はありますwエサのイソメは買わないといけませんw
>釣れる見込みの本命はキスかアイナメw
>
>ここで
>釣れて持ち帰るならどっちの魚がいいかw
>という基準で選べば1番にw
>どっちの釣法で遊びたいかw
>という基準で選べば2番になりますw
>
>今回は
>Jrが「投げ釣りする」と言いましたので
>2番で決定しましたw
>
>ということはエサのイソメを買う必要がありますねw
>
>前回の反省を踏まえ
>イソメは300円分でも結構長期間遊べることが判明していますので
>今回はどうするかw
>
>Jr「100円でいいじゃんwww」
>
>家でゲームをしていたい引きこもり気味のJrですから
>長時間釣場に監禁されるのは本意ではないようですw
>だが待ってほしいw
>単純に言って前回の1/3の量ということは
>時間も釣れる魚も1/3ということになるのではないだろうかw
>面白くないんじゃなかろうかw
>
>などと議論が巻き起こったのですが
>最終的には
>「100円でやってみて、次回の参考にすればいい」
>という
>Jrの実に論理的な提案に
>屈服する形で、今回は100円分に決まりましたw
>
>シューズはもう面倒になったので割愛(ぇ
>ちゃんとスポーツ用品店で買いましたw
>
>さて
>レジにて量り売りを頼むのは初めてでありますw
>無論何度もレジには来ていて
>脇の水槽?には各種のエサとなる虫が
>ウジョンウジョンしているのは知ってはいるのですがw
>
>あーそうそうw
>追加アイテムとして
>「ビク」をゲット(購入)しましたw
>これは
>今までは釣った魚は海水を汲んだバケツに投入していましたが
>それだと酸欠気味にお亡くなりになってしまって悲しいので
>帰る直前まで存命させる手段として購入したものですw
>
>これにより
>キャッチかリリースか迷う場合においても
>とりあえず保留で確保しておき
>最終結果を踏まえて改めてリリースするw
>という戦略が可能になるw
>と思ったからですw
>
>で
>イソメを頼まなければいけませんw
>
>確かにレジ横には
>「100円単位で承ります」とは書いてありますが
>最低価格の100円を頼んでも本当にいいのかw
>2,3匹だったらどうするのかwww
>
>というボクの懸念をよそに
>100円分のイソメは、結構な量が詰められましたw
>個人的には前回300円分の1/2くらいは居るんじゃねーかw
>とお見受けしたところですw
>
>そして何より
>活きが凄いwww
>めっちゃバタバタしてるwww
>
>これは期待できそうでありますw
>
>なお今回の出陣は
>シューズを買うという用事もありましたため
>家族総出でございますw
>
>いつものポイントに到達w準備開始w
>
>今回の陣容はちょい投げ竿を2本出しますw
>汁子のジグサビキは封印ですw
>
>で、エサをつけますかw
>とイソメを手に取ったら
>
>イソメw牙を向いて襲ってきますwなんという活きwww
>これは事前知識として
>そのような行動を取るwと知っていなかったら
>かなりビビる光景でありますが
>ベテラン(2回目)であるボクに死角なぞなく
>平然とイソメを針に刺すのでありますw
>
>なお、本来であれば
>刺したイソメを千切って別の針につけると
>より効率的なのでありますが
>今回はみんな早く帰りたそうなので
>豪勢にそのまま使用することにしましょうかw
>
>ちょい投げなので
>本命はキス、もしくはアイナメとなりますw
>実施前の確保基準は
>キスは10cm以上、アイナメは20cm以上
>くらいかなwと適当に設定しました
>そしてもちろん忘れてはならない
>このポイントでのちょい投げ釣りの最大の敵は
>あの黒い巻貝でありますw
>
>さてこの黒い貝なのですが
>その後暇を見て、必死にネットで調べているのですが
>どうにも情報が少ないままですw
>バイ貝である可能性は極めて高く
>イソメで釣ってたら針を丸のみされたwww
>という似通った事案は確認できますw
>ただ一般的にはバイ貝は白い殻、
>黒バイ貝と呼ばれる種もいるのですが
>黒とは名ばかりで実際は茶色に黒い斑点があり
>「小豆バイ」とか呼ばれているらしいので
>真っ黒なあいつはなんなんだw
>という疑念は払拭できないままですw
>
>そして
>「釣れた!」という記事はいくつか見かけたのですが
>「こうやって針を外した!」という記事がありませんw
>「苦労した」というのは1件みかけたのですが
>その具体的な方法はいまだ不明なのですw
>
>とにかく針を奪われてしまうコイツは要注意w
>正体不明ながら、我が家では蛇蝎の如く嫌われていることから
>その容姿も踏まえ「暗黒貝」と呼ぶことにしますw(ぇ
>
>ということで釣り始めましたところ
>案の定奴らの執拗な攻撃を受けますw
>最終的には4体の暗黒貝により
>4本の針をロスしてしまいましたw(涙
>
>先日も少し考察したかもしれませんが
>とりあえず正体も不明ですし
>食われると固定され(多分海底にひっついてます)
>快適な釣りの邪魔はされるし
>エサだけでなく針まで奪いやがるし
>と
>さんざんな奴ですので
>Jrめは「処刑すべし」と息巻いておりますw
>
>ボクも
>我が家はこのような正体のわからない貝は食べませんが
>(貝は毒素も懸念されますしね)
>世の中には釣ったバイ貝(暗黒貝と同種なのかは不明)を
>食うというブログもありまして
>拝見させていただきましたw
>
>記事を要約させていただきますと
>「3匹の貝を釣ったw針は悉く飲まれたw
> 食うことにしたw
> 針に注意して食えば大丈夫だと思ったw
> うまかったので飲みながら食ったw
> 気が付いたら針が2本あったw」
>というかなりホラーな内容になっておりましたw
>
>重要なのは
>食うという判断をする人間が存在するw
>ということですw
>ブロガーさんは自分が「針を飲ませた」ことを
>認識して(酔って記憶を失ったのは事故ですが)
>食ったようですが
>他人が飲ませた針の存在まで意識して食うかw
>と言われるとかなり不安が残りますw
>
>やはり針を飲んだままの暗黒貝を放流するのは
>人様のご迷惑的にも「なし」だと思われるw
>
>とボクも心を鬼にして
>この暗黒貝は処刑していこうと決めましたw
>
>ただ、倒す道具がありませんw
>ありませんwつかw何を使えばいいのかわかりませんw
>
>とりあえず殻を割ってくれようwww
>とフルパワーでコンクリートに叩きつけてみましたw
>
>針を結んである細い糸が切れてしまいましたw
>なんてこったwww
>そして殻は割れませんwちょっと欠けた程度www
>
>ならばと
>遠心力を味方につけて叩きつけようとしたところ
>遠心力さんは糸を切る方向にぱわぁを発揮しやがり
>暗黒貝は海に飛んでいったりwと
>結局針は回収できませんでしたwww
>
>なお悔しさのあまり
>100均でハンマーを買ってきましたので
>次回には暗黒貝とボクの死闘の続編が
>ご紹介できるかと思いますwww
>
>でまぁ暗黒貝以外の釣果なんですがw
>
>まずJrがヒットさせましたw
>がんばれJrよwww
>と見守っていたところ
>
>ボクの竿が凄いしなりをwww
>これはwww大物の予感www
>Jrに持たせてやりたかったのですが
>哀れJrは現在他の子と格闘中w
>そして釣り上げたのは
>遠目に見る限り、10cm程度のアイナメだと思われますw
>
>見せにきたのでアイナメと確認w
>リリースを円滑にすべく、軍手(手のひら部分はゴム製)を
>入手してありましたし
>針はずしも用意してございますw
>がw
>ボク、手が離せないんだwww
>どうするコマンドw
>なお嫁と汁子はなんの戦力にもなりませんwww
>
>たまたま
>針が浅い掛かりだったようですので
>軍手で掴んで針を取るようにJrに指示w
>そしてボクはヒキとの対決に専念w
>
>Jrがあっさりと針を取り
>とりいそぎ海水バケツにキープして
>ボクのところに戻っていたその時
>ついにヒキの正体が明らかにwww
>
>デカいアイナメだっwww
>
>大物を釣る気が微塵もない我が家w
>タモ(網、魚を掬うときにつかうよ)を用意していませんので
>慎重に持ち上げて陸に上げt
>た瞬間に針から外れて落ちましたw間一髪でありますw
>
>サイズは25cmオーバーですw
>これは文句なく確保でいいサイズだと思いますw
>
>獲ったどーwwwww(パクリ
>
>なお、この日の釣果はこれだけですw(爆
>残すは「オチ」のみなんですよねwww
>
>で、オチなんですけど
>Jrがトイレに行くというので
>Jrの竿を預かったボクが
>なんのきなしに巻いていたら
>なんか重いなぁwと思いまして
>ただ固定される感(=暗黒貝)ではなかったので
>なんだろうwと上げてみると
>
>ナマコ釣れたわwwwwwwwwwきしょwwwwww
>なんか黄土色でしたわwww
>
>どうしていいかわからないのでお帰り願いましたw
>
>100円分、かつ結構贅沢に使用した割に
>イソメは十分に持ちましたw
>が売り切れたので終了w
>
>ビクを上げまして、当たり前ですが
>2匹のアイナメが入っていましたので
>Jrと協議し、小さいほうはリリースいたしますw
>元気に帰るんだぞーw
>
>というわけで
>25cm級のアイナメ1匹を持って帰宅しましたw
>
>さてさて
>このアイナメという魚は
>釣り分類としてはロックフィッシュ(根魚)の分類ですw
>要するに海底付近に生息していますw
>なので獲れる漁法・釣法が限定される魚ですw
>
>特に漁法としては
>良くて底引き網とかくらいでしか獲れないと思われ
>その結果、市場ではあまりお見かけしない魚ですw
>一方で、ちょい投げ釣りはある意味で海釣りの基本的な釣法のため
>釣り人には比較的メジャーな魚だったりするのですw
>
>市場にあまり出回らないながらも
>その白身は美味として知られているそうですw
>
>参考情報として
>なんでも売っている天下のアマ○ンさんによると
>20cm級・・・500円
>30cm級・・・1,500円
>となっておりましたw
>本日ゲットした子は
>この中間くらいのサイズだと思われますので
>お値段も真ん中取ると1,000円と申し上げてもよいのではないかw
>と思う次第ですw
>
>100円のイソメで
>1000円のアイナメをゲットしたw
>と考えれば
>今回の釣りは経済的な意味でも「大勝利」と言わざるを得ないでしょうw
>まぁ実際には暗黒貝のせいで針を4本ロストしていますので
>その分も経費として計上するならば、コストは300円程度に
>膨らんでしまうのですが
>それでもまだリターンのほうが勝っていますねw
>
>で、調査の結果
>煮つけが旨いwと聞いたので
>嫁が煮つけにしてくれましたw
>
>基本魚を好まない(ただし、寿司と刺身は除く)
>子供たちが、おいしいと言って食べましたので
>美味しい魚だったのだろうとw
>或いは自分たちで釣ったという体験が
>美味しさのアクセントになったのだろうとw
>いずれにしてもよいことであるwと思いますw
>
>惜しむらくは
>このヒキをJrに味わってもらいたかったwww

拍手[0回]

>前回の釣果(正直マトモに釣れたのが初めてなのでw)により
>新たな考察が必要になったw
>
>釣った魚はキャッチが正解なのか
>リリースが正解なのかw
>
>まず最初にぼんやりとだが
>ボクの心情的には
>魚を含め、動物全般に対し
>慈しむ気持ちがあるwと思っているw
>
>ただ一方で
>慈しむ思いが強すぎて
>殺せないwwwベジタリアンになるしかないwww
>とまで極端な慈悲を持っているワケではないw
>
>なるべく尊重したいが
>仕方ない場合は生命を奪うことも厭わないw
>というのが
>ボクだけでなく、多くの方の
>比較的一般的な基準ではないかと思うw
>
>この基準だとした場合
>次の問題として
>仕方ない、にはどこまでが該当するのかw
>という論点になるわけであるw
>
>例えば
>害獣が襲ってきて、殺らねば自分や家族が殺されるw
>となれば、もちろん殺るだろうw
>仕方ないwww
>お腹が空きすぎて、今釣ったこの魚を即食べないと
>ボクの生命にかかわるw
>となれば、これまた殺るだろうw
>仕方ないwww
>別に食糧に困ってないけど、ゲット出来たらオカズになるw
>食費が浮いてウマーw
>となれば、それでも殺るだろうw
>仕方ないwww
>食糧にする気もない娯楽の釣りであり、ただのターゲットw
>ボクの楽しさのために死ねw
>となれば、まさかの殺るだろうw
>仕方ないwww
>
>途中から不思議な文章になっているが
>まあ要するに
>仕方ない基準次第でどうとでもなるのであるw
>
>なので本件を
>そーゆー心情から論ずるのは
>時間の無駄な気がするので
>もうやめることにして
>魚の生死というか運命というか人生(魚生)について
>考えてみたいw
>
>まずキャッチの場合w
>考えるまでもなく
>釣られて、キャッチという選択をされた段階で
>その魚の生命は100%終了であるw
>食われるか、生ゴミか、海に投棄されるか、猫のエサかw
>どの結末でも関係ないw死ぬのは死ぬだw
>
>ではリリースの場合w
>厳密な表現をするならば
>生き延びる可能性があるwと言えるw
>これが基本的にはリリース派の拠り所であるw
>だが
>実際において
>どのくらい生き延びたのかw
>そもそも
>釣られなかった場合と比較してどうなのかw
>を突き詰めていくと
>必ずしも生存可能性が上昇する一方w
>とは言えないのではないかw
>と考えるw
>
>それ以前に
>自分が魚の立場で考えるならば
>うまそうなエサで誘われて
>針で刺されて陸上に引っ張り上げられている段階で
>もう十分に不幸な事態であるw
>出来ることならばそんな目にはあいたくないw
>
>はっきり申し上げて
>魚の生命を主軸に論じるならば
>釣りというレジャー自体を辞めればいいw
>というか実際そのような考えで
>釣りという趣味を選択していない方も多いと思うw
>
>自身はレジャーとして自身の享楽のために
>魚に迷惑をさんざんかけておきながら
>リリースして、とりあえず目に見えるところで
>生命を奪っていないんだからセーフwwwとのたまい
>あまつさえ、それが正しいw殺す奴は外道wと
>他者を批判するw
>という人間が一番タチが悪いw
>
>オレの楽しみのために生き物をいじくりまわすぜーw
>死のうがしったこっちゃないぜーwひゃっはーwww
>って言うほうがまだ筋が通っているわけですw
>
>なお
>リリース派の中でも
>「種の保全」を訴える意見は
>まだマシな部類ですw
>例えば小さい=若い個体は
>ここで生命を断つよりも
>リリースして成長してもらって
>(できるとはいってない)
>種を増やしてほしいwと願う感覚ですw
>
>先日懺悔いたしましたとおり
>ボクは無知故に、アイナメが認識できず
>認識できないということは生態もわかりませんでしたw
>
>小さな個体を釣りましたw
>針は上手に唇に刺さっており簡単に取れましたw
>その前に大きめ(15cm位ですが)の
>同じアイナメを釣ってはいましたが
>この両者が同じなのか、識別できませんでしたw
>識別できていれば
>この小さいのはいずれ最低でも15cmくらいまで成長する
>ということは子供だw
>と判断できたはずですw
>そもそもアイナメの生態を熟知していれば
>15cmも別に十分に大きくなっているワケではない
>(30cmとかに育つらしいので)ことも分かったはずですw
>先に釣った大きいほうは針を完全に吸い込んでおり
>外すのに手間取ってしまいまして
>その最中に元気を失ってしまいましたので
>リリースしても生存できたかはわかりませんw
>(そもそも手間取らないよう準備をすべきでした)
>小さい子は針も簡単に取れましたw
>助けられた可能性はさらに高いと考えられますw
>
>これらの主因は明らかにボクの
>知識不足、準備不足であり
>その結果、死なせてしまったという事実を
>ごまかすつもりはありませんし
>申し訳ないと思いますw
>
>しかし
>敢えて開き直りますけれども
>糸を垂らす前に
>すべての知識と道具を揃えて挑む人なんか
>おそらく居ないはずですw
>彼らはボクの勉強のため
>そしてひいては未来の同族のため
>犠牲になったのであるw
>と思うほかありませんw
>
>なので
>ボクは経験と反省を踏まえて
>針を外す道具などを新調しますし
>こうやって恥を記事にすることで
>もしかしたらこれを目にしたどこかの誰かが
>同じ過ちを犯すことを防止できるかもしれませんw
>
>これが、供養だと思いますw
>
>最後に
>魚に対する意見は結構見かけますけど
>エサとなっているイソメやオキアミも
>立派な生命なんですけども
>そこは誰も論じないのも
>なんだか違和感を覚えますw
>
>まぁこれも
>個人的な価値観の相違で
>なんらかの線引きにより
>ここより下の存在は生命と認識しないw
>という判断に基づかれて設定されている
>いわば人間のエゴなのだと思う次第ですw
>
>これらを踏まえて最後にもう一度結論w
>
>人それぞれなんだからグダグダ言うなwww

拍手[0回]

1  2  3  4  5  6 
Admin / Write
最新トラックバック
ブログ内検索
著作権表記に基づく表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.