Tough Toucanが何かつぶやいてます。since2011.6.4
後で体裁は整えるとして、取り急ぎ備忘録。

ウノっぽいやつ、操り人形、ミノスの迷宮、ヘブンアンドエール、スコットランドヤード、砂漠を超えろ、ガンジス、ギリギリカレー。

拍手[0回]

コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
ヒトの日記に愚痴を書くwww
おひさしぶりですwww

今日、ラジオで本の紹介をしてまして
タイトルが
「道徳自警団が日本を滅ぼす」とか
そんな感じでしたねw

ボクは過去に自分の日記にも
「マナーを声高に叫ぶ不謹慎厨が~」と
何度か記事にした記憶がありますが
述べたい主旨は概ね同じかなぁと思いましたw

道徳とマナー、厳密な違いは分かりませんが
イメージ的に言うなれば
明確な取り決めはないけどこうすべきだろw
という曖昧な性質だと思いますw
これには、2点の問題がありますw

まずひとつめは
誰かが厳密に決めているルールであれば
問い合わせる先が明確になるのですが
誰も明確に決めていないものは、問い合わせられない
という点ですw

そして2つめは
常々ボクは申し上げているように
人間の価値観はおそらく千差万別で
ある人が是としても
違う人は非とすることは
世の中にいっぱいあるw
わけですw
ということは、個々が考える道徳やらマナーには
万人が納得する正解が存在しないw
と言い換えることが出来るw
という点ですw

つまりまとめると

どうしたらいいかわからないwww

という結論になりますねw

これだけでも面倒な話なのですが
最初に挙げたような「道徳自警団」のような人種が
我が物顔で徘徊し、己の道徳観から逸脱している、と
断定した人間を、神にでもなったかのように断罪するw
という不条理が、話をややこしくしますw

ちなみに
ご存じかもしれませんが
昨今、天候が大荒れでして
凄まじい積雪が発生しておりますw

このような場合、除雪をすることになりますw
しかし除雪を行うと
どかした雪をどうするかw
という問題が発生しますw

この雪を
どこに移動させたとしても
数多いる関係者のだれかには
迷惑をかけることになりますw
このかけた迷惑を
「道徳自警団」に目をつけられ糾弾されるのではw
と考えると、ボクは恐ろしくてたまりませんwww

やっても怒られる可能性があり
やらなくても怒られる可能性があるw
ならば
労力を割かないほうがマシwwwwwww

そう考えることを責める奴が居るなら話を聞いてみたいw
追い詰められた善人を鞭打つ前に
その人を追い詰めた原因を取り除いてみろよwとw
ボクは言ってみたいわけですねw

で、話を戻しまして

「道徳自警団」自体は
おそらく昔からある程度存在していたと
ボクは思っていますw
しかし、現在問題として顕著化してきた
最大の理由は
残念なことにネットの普及による
個人の発言力の肥大が大きいと思いますw

ネットの普及により
昨今は一個人が、非常に簡単に
意見を発信できるようになりましたw
これ自体は、非常に喜ばしいことですw

しかし、これにより
本来であれば、ほぼ個人レベルで考えるべきだった
「道徳」や「マナー」が
必要以上に声高に叫ばれることになり
また、ネットの匿名性であったり、発信範囲の広さから
その案件を自分の身の回りの出来事と捉えない
無責任な通行人が、綺麗事に簡単に賛同し、
それによりさらに自警団は
自分たちの押し付けているものが
世間に受け入れられていると曲解するw
という悪循環を生んでいるw
とボクは思うワケですw

さて
ラジオの後半において
この本は
この自警団の増加要因を
「経済発展の停滞による余裕の喪失が原因」
と分析していたようですが
ボクは残念ながら、この部分には
異を唱えさせていただきたいw

もっと重大な原因があるw
とボクは思っていますw

それは
個人にネットという強力な武器が与えられ
個人は今や「弱者」ではなくなった
とボクは考えているのですが
残念ながら世間の個人は
どうやらそうは考えていないw
という点だと思うのですw

福祉国家では
「弱者」は庇護されるべきものw
そして対となる「強者」は
「弱者」に配慮すべきものw
とされているんじゃないかなw
と思うわけなのですw

つまり今や「強者」となった個人は
本来、武器を振りかざすのではなく
周囲を思いやり、配慮しなければならない立場なのでは
と思うのですw

以前からボクは思っているのですが
ぶっちゃけ「弱者」には利権があるのですw
奴らはこの利権を手放したくないw
政治的ワードでいえば既得権益ですw
なので未だ「弱者」のフリをしていますw

「弱者」を救済する
という理念は非常に崇高ですw
この崇高な理念の実現を妨害する
「似非弱者」を
徹底的に糾弾し殲滅しないと
社会の大きな損失に繋がってしまい
先述の本の言葉を借りれば
「日本が滅びてしまう」ことになりかねませんw
しる 2018/02/08(Thu) 16:44 編集
 HOME | 1 
Admin / Write
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
アーカイブ
著作権表記に基づく表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.