汁さんが何かを斬り、タフが何か呟いてます。そんな場所。since2011.6.4
2018年5月20日~

総合戦績:12勝28敗
最大連勝:6連勝
最大連敗:22連敗

村人16
予言8
霊媒2
騎士1
人狼10
呪われしもの1
狂人1
一般兵1
巨人化兵1

拍手[0回]

コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
W杯
いやー負けてしまいましたねーw(棒読

というわけで
流石に生では見れませんでしたので
詳細な部分は不明のままですが
トーナメント緒戦のベルギー戦で
日本は2-3で敗戦となってしまいましたw

いろいろみんな思うことはあると思うんですけど
まず最初に
ボクは「たられば論」は好きじゃないんですねw

その理由として
例えば
とあるポイントについて「こうだったら」と
未来視点でとやかく言うのは非常に簡単ですw
なぜならば既に確定した過去の結果に対して
あとから被せるだけですから間違いようがないですしw
そのくせ「もし」が叶ったとして
じゃあ現在ある過去には発生しなかった不具合が
発生していたかもしれないリスクはどうなるんだw
という中途半端な思想なんですねw

そしてもう一つは
無限にキリがなくなるからですw

GKを替えていれば~ってのが
今回のW杯のたらればで一番多い意見だと思いますが
いつ替えればよかったのかw
まさか決勝トーナメント緒戦で替えるのかw
それはないwじゃあ3戦目?w
そしたら0-1で済んでいた?w
そもそも3戦目がもっとセーフティであれば実験に使えたw
と考えるとじゃあ2戦目で勝ちきれなかったのが問題?w
等々エンドレスになりますからねw

そんなことを考えるのは労力の無駄でありますw

というわけで
あくまで結果についてw
ベルギー戦について考察してみたいと思いますw

ご存じのとおり
FIFAランク3位という化け物じみた強豪である
赤い悪魔ベルギー様w
かつて黒い悪魔を自称していたボクは
この厨二臭い綽名だけでなんか応援しちゃいますwww(ぉ

まぁそれはさておき
そんな優勝候補と言っても差支えない強豪相手に
我らが日本は前半を0-0で折り返しますw
もうこの時点でかなりすごいと思いますw

さらに後半に入って
日本は先制、のみならず
追加点まで挙げてしまい
なんと2-0という状況になるのですw
これはもうファンタスティックでありますw

もちろんトーナメントですので
優勝候補だろうがなんだろうが
負ければそこで終了となるワケですので
ベルギー様も勝ちに向けて動かざるを得ませんw

ベルギーが選択した作戦はシンプルで
敵、すなわち日本の弱点を突く作戦ですw
そしてその弱点とは言わずもがなw
ざぱにーずのフィジカル、特に身長の低さから来る
空中戦の弱さでありますw
というわけで控え選手の中から
高身長の選手が投入されていくワケでありますw

身体的特性が勝負を決定付けるなんて
差別じゃないかwといつものサベツガーは声を上げないのかw
などと無粋なことを考えたりもしますが
まぁ勝負の世界では、相手の弱点を攻めるのは寧ろ基本ですし
ボクもそんなことを言う気は特にないですw

これに対し日本の交代は
柴崎、原口を下げて、山口、本田を投入w

これが今物議を呼んでいますw

下げられる選手についての意見も多々ありますが
そちらは疲労状況なんかもありますので
掘り下げるのはナンセンスだと思っていますw
ボクも何度か柴崎選手の素晴らしさを語りましたし
彼が重要であることは承知していますが
疲れて動けなくなったらどんなに優秀でも無理ってもんですw

問題なのは交代で出た選手w
ただ、個人の力量がどうこうって意味じゃありませんw

本田といえば、グループリーグにおいても
スーパーサブとして何度か出場しており
特に攻撃面で、実力や経験、さらには剛運からくる決定力が
期待されますw
一方で、様々な理由で全盛期ほどの持久力がないのか
守備的貢献度は最近の出場機会でもあまり高くないw
と評価出来るでしょうw
まとめると
とにかく3点目を取って突き放したいwという
攻めの交代であれば、ボクは異論ないところですw

山口選手は、守備的ボランチという触れ込みの選手だそうですw
ボクはあまり詳しくないので、彼については
この肩書きだけ紹介いたしますw

この中途半端な情報だけで考えても
「攻撃」と「守備」を
同時に投入しているwと言えるワケですねw

圧倒的格上のベルギーさんが猛追してくるw
という状況に対して
いささかどっちつかずなカードの切り方w
とボクは思ってしまいますw
「攻撃」を強化して突き放すならば本田の次は
岡崎(けがしてたっけ)とかw
「守備」を重視して守りきるのならば
本田ではなく走れる若手の誰か(良く知らない)とか
どちらかに特化させるべきだったのではないかなw
と素人ながら思うワケですw

そしてもう一つは
交代枠は3名なので、先述の2名を終えても
あと1名の交代が可能でしたw
これを敢えて使わないwという戦略は
当然に、同点からの延長戦を見越せば
選択肢としてはあり得ますw

しかし日本は問題のラストプレーにおいて
本田さんの惜しいFKからのCKという状況で
かなり選手を上げて、得点を取りに行きましたw
無論ここでゴールできれば3点目で試合を決める一撃w
なのは承知していますw

結果から先に申し上げますと
本田のCKが相手キーパーにキャッチされてからの
電光石火のカウンター(9秒台らしいです)で
逆に3点目をベルギーに取られてしまうワケですw

このCKでは
・決めに行く
・キープして延長に持ち込む
の2つの選択肢は即座に浮かびまして
どちらが正しいとは言いませんw
今回は決めに行くwを選びましたねw

なのであれば
延長戦用の3枚目の交代枠を取っておいた意味がないw
これが勿体ないと感じますw
まぁFK→CKの流れは速いので
その合間に選手交代が申請できたかwと言われるとアレなんですけど
延長まで行ったらもう無理wと判断したのであれば
その瞬間に交代枠は使わなければならなかったのではないかw
とは思えるのですねw
少なくとも
FKがCKになったから、延長は無理w
という判断基準ではないはずで
もう少し前に判断基準はあったはずだと思いますw

というか
この判断は
今大会、全体を通して意志の共有が図られていた
日本代表において、唯一と言っていい
共有が図られていない場面だったと思いますw

交代の件だけでなく
これをラストチャンスと定めて全力攻撃をするならば
相手に奪われたら即座に試合を切りに行くw
というフィールドプレイが必要だったはずなのですが
そのような動きも特になかったようですw

圧倒的格上相手の死闘の最後の最後w
状況は痛いほどわかりますが
この最後に、何かが切れてしまったw
それが、日本の現在の実力なのかもしれませんw

初のベスト8進出は成りませんでしたが
過去ベストタイの16強であり
ましてやベルギー相手に惜敗という結果は
過去最高であると言っても過言ではないでしょうw
しかしここより上を目指すのであれば
選手個々の成長はもちろん
やはり戦術面でももっと強靭にならねばなりませんし
FIFAランキングが1桁にでもならない限りは
チャレンジャーであることを忘れてはいけませんw
余力を残そうwなんて発想を持つべきではないのですw
今回は、そのような感じで余力がある意味で残ったまま
試合が終わってしまった、という点について
苦言を述べさせていただきましたw

まぁともあれ
よく頑張ったw感動したwww(by小泉

おまけですw

ボクはまだ試合が続いている最中の
批判ってのは正直好きじゃありませんw
昨今はインターネッツ全盛故に
あちこちにプチ批評家が湧いて
好きな事を垂れ流していますw
まだプラスの評価であれば励みにもなると思うのですが
マイナスの批評を垂れ流す奴は何を考えているのかw

次の試合を控えている選手にとって
その批評が耳に届いてプラスになることは何もなく
自信を失ったりするマイナス要素ばかりですw

まぁ日本にさっさと負けてほしい某国の連中とか
日本がどうなろうと知ったこっちゃない他国のコメンテーターが
好きな事言うのは仕方ないですけどもw

監督に声を届けたいのかもしれませんが
誰かもわからない書き込みを信じて方針変更する監督
ってものそれはそれでイヤだと思うんですよねw
いや書き込んでる人が相応の実績を有していれば別ですけどもw

以上から
ボクは途中で批判する奴は
日本に負けてほしいか
日本がどうなろうとどうでもよく
自分が逆張りして、運よく当たったらドヤ顔で予見したwと言いたいだけ
の連中だとしか思っていませんw
そして外した場合には、インターネッツの匿名性を盾に
前の批評をなかったことにして掌を返すんですよw

外野如き批評をするのであれば
すべてが終了してから、が現実的ですw
というわけで
ボクもついに批評をしてみたいですねw

途中から薄々気が付いては居ましたが
今回の日本代表の最大のネックはGKでしたw
他のポジションは、互角wとまでは言えるかわかりませんが
世界レベルと張り合えるパフォーマンスを
随所に発揮しておりましたw
ただGKに関しては
出場した余所のチーム全般と比較して
突出しているwと感じた部分は残念ながらありませんでしたw

ただこれを個人の問題とするのは若干議論を急いていますw
さらに今後のためにも最善ではありませんw

まず
GKは、プレイ内容の特異性(手をつかえるとか)以外にも
様々な面で、他のポジションとは違う点がありますw
その中で
ボクが特筆すべきwと思う点をいくつか紹介しますw

まず、ポジション争いですw

なんだかんだ言って、GK以外のプレイヤーのポジショニングは
ある程度自由が利いて流動的になりますw
まぁそれはそれでいろいろ別の問題もないワケではありませんw

しかし、GKは唯一無二ですw

控えGKに経験が足りないwという話が
何度か出ていましたw
経験が足りないのであれば経験を積ませればいいw
簡単に言ってみましたw
GKは、1名しか出られませんw
交代できないワケではありませんが
ともかく、複数名を同時に試運転しにくいw
という問題点がありますw
故に、経験を積ませるwと簡単に言いましたが
実は結構育成に手間がかかりますw

海外経験を積ませようw
とこれまた簡単に言いますw

GKは、DF陣との連携が非常に重要であり
海外に行く場合、言語能力の壁が極めて高いですw
なのでアタマがよくないと難しいですw
また、仮に言葉が通じたとしても
この連携には相互の傾向や癖なんかも加味した
信頼関係が重要になると思いますw

GKが抜かれる=失点を意味しますw
責任で言うと、恐ろしく重大ですw

フィールドプレイヤーのパスミスもミスですw
もちろんやらないに越したことはないんですが
仲間がケアすることで
何事もない帳消しとなる可能性が残っていますw
しかしGKは最後の砦w
GKのミスをカバーできるプレイヤーはほとんどいませんw

と言う感じでまとめると
GKと言うのは
チャンスがない
アタマもよくないといけない
許されない
というないないづくしwと言えると思いますw
(うまいこと言いたかった)

ある意味でブラック企業ならぬ
ブラックポジションなワケですw
これを案の定なんですけど
失点即叩くwみたいなのを繰り返せばどうなるかw

誰がGKになりたいと思うのかw

ミスや敗北を許せwとは言いませんw
しかしながら、GK、いや全員に言えることですが
相手は当たり前ですが人間であり、職業選択の自由も保障されていますw
辞めろwと言うのは簡単ですが
辞められて困るのであれば、違う言い方があるのではないですかねw

挙句「プロなんだから」とか
待遇面を持ち出して叩くとかは
「給料払ってるんだから」とこき使うブラック経営者と同様w
いや
ブラック経営者はまだ確かに自分の懐から
その労働の対価に見合ってないかもしれませんが
賃金を出しているのですが
叩いている奴らは報酬のうちの1パーセントも負担していないのですから
ブラック経営者以下の存在でありますねw

報酬の100%を自分が出資する
競走馬に対するサブちゃんみたいなガチのオーナーくらいになってから
「プロなんだろ」って言ってほしいですねw

ともかく
次のW杯、さらにそれ以降、未来において
日本がさらに上を目指していくw
それを期待するのであれば
我々サポーターも
向上していかなければいけないと思うワケですw
しる 2018/07/04(Wed) 14:05 編集
汁たんの釣りブログ 11日目
★11日目

最近の天気予報がすごい変わるんですw
最初は土曜曇り日曜雨w
みたいな感じだったのに
いつのまにか日曜が快晴になってたりw

で、今週は汁実家に行くことにしましたので
釣りは日曜の朝を予定していましたw
土曜の夕方に、我が家族+汁母で車に乗っていたのですが
「夕焼けがすごい」という
よくわからない理由で、海のほうに行けwという指示がありましたので
海のほうに向かったところ

ここの釣り場wいいんじゃねwww

一応情報としては知っていたんですけど
我が実家は結構海に近い立地で
その近くに釣りポイントがあるw
とは聞いていたのですw
そこに差し掛かったとき、釣り人が結構おりましたので
偵察を敢行したんですが

サビキでアジが釣れちょるwww

いつも行っている公園前ではちーっとも釣れていないため
もはや我が家の選択肢からは除外気味のサビキですが
ここでは、ボクの知っているふつうのサビキが行われていまして
実際に釣果も出ていましたw

まぁ、Jrの本番(宿泊体験)が控えていますので
アイナメ狙いをしたいなwと思い
翌日の釣りは予定の変更はなしで行きますw

というわけで朝w
ボクは5時に一度目が覚めたのですが
そんな時間から釣りに行こうと騒いだら白い眼で見られるので
もう一回寝たら8時でしたw
なんてこったwww

で、一族総出で行くと言われれば
準備がまとまるものもまとまらずwって感じで
結局10時ころに出発w

そういえば
先日Jrの安物竿を破損したw
とお伝えしたところなんですが
実家でひらめいたんですよw

前に過去の遺物の竿を引っ張り出した際に
2本の竿を発見していたんですねw
1本は長い磯竿で、現在ボクが使っているところですが
もう1本、サビキ釣り用wと銘打たれた竿があったんですねw
これは前回動作チェックを行ったのですが
リールがなんかグリス漏れしているっぽかったので
そのまま放置したんですねw

この竿からリールをはずして
破損Jr竿のリールを移植したらいいんじゃねw

と思い立ち、夜間に作業を実施したところ
無事移植に成功し
我が家の竿は3本に復活したのでありますwww
ついでに、その竿には20年モノの仕掛け(サビキ)が
巻きつけられていましたw
当時のボクは釣り具をちゃんと片づける能力がなかったようですw
それも解いて回収w
まぁ針は当たり前ですがサビッサビで使い物になりませんが
サビキカゴは使えそうwなので回収しておきますw

という嬉しい誤算も踏まえて
いつもの公園前に向かい
途中でいつもの釣り具屋に寄りますw

メインの釣り方はブラクリで行こうと決めていましたので
まずはイソメですねw
竿3本全部ブラクリにするか
1本は投げ竿にするかもw
という点を鑑みて
投げ釣り用仕掛けを買いましょうw
現在天秤は1つだけですので
今回は天秤込のセットにしておき、予備としたいと思いますw

あとはついでに
サビキのカゴが1つ手に入ったので
サビキ仕掛けもお守りとして1つ買っておきますw
ぶっちゃけ魚群さえいれば、サビキはエサなくても釣れるらしいのでw

竿を3本、針を3~4針出すのであれば
お昼頃までに200円分使い切れると踏んで
イソメは200円分発注ですw

いざw現場へ到着www

何度も言いますが、この現場は
公園の前でトイレが近いことw
柵があるので安全性が高いことw
から、ファミリー御用達の場所でありますw
それらのメリットを享受するためのデメリットですが
あんまり釣れない(特にサビキは)という点で
釣りという主目的に対して
圧倒的に間違ったデメリットを内包しているのですが
連日親子連れでにぎわっているワケですw

今日もお隣の親子連れのサビキは
ほとんど釣れていないことを遠目に確認しつつ
我が家はいそいそとブラクリを準備しますw

地形上、堤防というよりは
運河っぽい場所ですので
テトラなどがあるわけでもなく
本当の意味での穴釣りポイントでも
実はないんですけど
複数回、ここでアイナメを釣った実績はありますので
それを期待してのスタートですw

しばらく頑張ってみましたが

釣れないなwww

アタリはあるので
何かがエサをつついているのは間違いなく
エサもちゃんと削れていくのですが
魚は釣れませんw

唯一釣れたアイナメ(小さいのでリリース)も
竿で釣れたのではなく
糸が絡まったのを直していて、気が付いたらついてきたw
というなんだこれwww

あーでも収穫がありまして
汁母が竿を持ってみたいというので
持たせて遊ばせていると
リールが重いといいますw
引き上げてみると、オマツリきたーwww
なんか天秤を引っ張っていますwやばいwww

しかし
近くに投げ釣りしている奴いないんだがwww

頑張って回収してみると
どうやら根がかりして諦められた仕掛けを
引きずって回収したと判明w

回収された天秤は
「ジェット天秤」というタイプで
投げやすく、根がかりしにくいとされる高級な天秤ですw
まぁでも根がかりしたんでしょうけどもw
さらについていた針には
疑似餌のパワーイソメ的なものがつけられていましたw
コイツはカネ持ちだなぁwww
と思いながら
一応引き上げておいたのですw

結局、その後もまともなアタリがこないまま
飽きた疲れたと騒ぐメンバーが増えてきたため
投げやりにイソメを消化して終了としましたw

なので今日の戦果は
「ジェット天秤」×1 ですwww(再利用

そう考えると先ほど仕掛けを天秤込で買ってしまったのを
後悔するところなのですが
まぁ海から仕掛けをゲットできるとは
なかなか思いませんものねwww

Jrはブラクリつまらないw今度から投げ釣りするw
と言ってますw

本当はこのブラクリの真骨頂は
この公園の先端部分にあるガチの防波堤で
テトラポットの隙間で釣るんですけどねーw
まぁどうせ危ないって言われるしなぁw

かなり残念な釣果のため
フラストレーションがたまったボクですが
場所も時間帯も最悪な状況でしたので
せめて時間帯だけでも調整したいなと思ったワケですよw

なので
夕方に
先日偵察した地元の新たな釣り場で
釣ってみることにしましたw

現状、サビキが当たっているようでしたので
ここはサビキでアジを狙うべきでしょうw
幸いにも針とカゴはありますwエサがないだけでwww

通常ならば
冷凍アミエビを購入して
それを使うところなのですが
回収したサビキカゴはノーマルタイプ
(洗濯バサミタイプではない)のため
割りばし等でコマセを詰めなければなりませんw
そしてやりきったあと、臭いビニールが残るんですが
これを実家に捨てていくのはいかがなものかw
と嫁が申しますので

おーけいw
じゃあチューブタイプを試してみようじゃまいかwww

商品名で言うと「アミ姫」ってのが有名どころの
詰め替えシャンプーみたいな容器にはいったエサが売っているのですw
最大の利点は清潔さw手を汚さないw
そして匂いを押さえるために香料が入っていますw
サカナは香料は気にしないようですよw

というわけで買ってみましたw
400円もしましたwうーむw

2度目の訪問となる地元釣り場w
防波堤があり、向こうには荒波が渦巻いていますが
防波堤のこちら側は防波堤の能力か、静かな海面w
当たり前ですが柵はありませんw
ボクは基本高所(数メートルでも)恐怖症なので
あまりギリギリまでは踏み込まない方向ですw

余所のお子さんが単独でサビキしてますwかなりギリギリの際でwww

なんかウチって考えすぎなのかなぁw
って気分になりますw
そのお子さんがサビキを沈めると
そこにむかって魚がうわーっと集まるのが
上から見えるんですけどもw

居るwwwアジ居るわwwwwww

今シーズンある意味で初めてアジの魚影を見たワケで
これはイケる予感がしますw
というわけで準備をして釣り始めたところ

ブルブル来るーwかかってるーwww

ここで反省w
ブラクリ釣りのやり方を勉強しすぎて
アワセを入れる習性がついていたのですが
アジのサビキではアワセを入れてはいけないのですwww
なぜならば、アジはくちばしが弱く、衝撃を与えると
バレてしまうんですねwww

これを思い出すまでに数匹のアジを逃がしましたが
それを除いても15匹程度の豆アジをゲットしましたw
エサを入れてなくてもたまにかかる
これこそアジのサビキ釣りwwwと呼べるものを
堪能したのでありますwww

なんとなく横にブラクリをエサなしでおいておいてみましたが
当たり前ですけど何もかかりませんでしたwww

次回からどうしようかなぁw
しる 2018/07/05(Thu) 15:37 編集
汁たんの釣りブログ 12日目
★12日目

なんとなく仕事を休みましたw(ぇ
行く気はなかったんですけれども
ボクの担当であるゴミ出しのためだけに
早起きして着替えて外出するのがシャクだったので
釣りに行くことにしましたw

行くつもりがなかった平日の早朝w
ちょっと不安なことがありましたw

釣り具屋、営業してるんでしょうかwww

営業していない場合、エサが入手できないじゃないですかw
不安なまま向かったところw予想通りやっていませんw
9時かららしいですw
一般的な営業時間から言えば早いと評価したいとは思いますが
朝イチのマズメに間に合ってないのでは
あまり意味がないwと申し上げざるを得ませんw

まぁ、うれしい誤算としまして
先日購入したサビキ用の「アミ姫」というチューブタイプのエサが
一応残っていますので
サビキ釣りは出来ないこともないw
ただ問題は、いつもの公園では、サビキで釣れた覚えがないw
という点ではありましたw

サビキでボウズは悲しいので
何かエサになるものはないだろうかw
と考えた結果
コンビニで割きイカを買ってみましたw
なんか釣れれば儲けモノでありますw

というわけで
いつもの公園で
まずはブラクリ割きイカを試しましょうw
単独なので堤防ギリギリのポイントを取りますw
ここでは先日ギンポなるキモい長い魚が速攻釣れましたw

というわけで挑戦してみましたw

アタリすら来ないwww

割きイカにはエサとしての魅力がないのか
そもそも魚が居ないのか
まぁ当たりませんw

帰るかwww

割きイカの唯一の利点は
腐りそうでもないので持ち帰り自由
(厳密に言うと多少腐ろうがボクが食うワケじゃないし)
というフットワークの軽さでしょうw
ボクは結構早々に諦めて納竿w

帰り道w
子供たちとよく釣るいつものスポットに
平日なのに暇そうな釣り人が居ますw
(お前が言うなwww)
サビキをやっているようですw
ちょっと見てみると

何か、釣れているwww

もしかしたらついにこのポイントにもアジが来たのかwww
これは検証せざるを得ないwww
ということで一転、いつものトイレ前で2回戦を開始w

竿2本を用意し
サビキ仕掛けにアミ姫を入れたモノと
ブラクリ仕掛けにイカをつけたモノを用意w
まだイカを諦めないスタイルでありますwww

海面を見てみると
小さな魚影が視認できるレベルwww
これは釣れるw(サビキで)

というわけでサビキメインで釣りだした結果
あっという間にHITしましたので
巻き上げてみますw

・・・お前、誰だwww

アジではない小魚が釣れましたw
パッと見た感じでヤバい(毒や針系)の感じではないのですが
まぁ正体は不明でありますw

うーん・・・イワシ?
分からないのですがとりあえずキープしておきますw
その後もコイツらがバカみたいに掛かりましたw
極稀に小さいアジも釣れますw

確かアジのタナは深めだった気がするw
よくわからないイワシ(仮)を釣るより
安牌のアジをたくさん釣ったほうがいい気がするw
ということで
タナをコントロールしようと思った瞬間w

ザーwwwwwww

豪雨ですwwwボクは泣きながら竿を仕舞って逃走しましたw

最終釣果は
イワシ(仮)が10匹超
アジ(極小)が3匹ほどでしたw
アジはこのサイズでもおいしく食べられますからオッケーですw

問題は謎の魚wイワシだとして
どうやって食うんだろうwすり身?アンチョビ?(謎

帰宅したボクは、濡れた後始末を終えると
そそくさとタブレットで「イワシ」と検索w

うんw違うwwwwwwww

イワシじゃねぇぞコイツwwwなんなんだwww

頑張って調べた結果、正体が判明w

その正体とはw

「サバ」ですwwwww

みなさんご存じなサバw
いやさすがのボクも知ってますよw
ただボクの知っているサバは
往々にしてもっと大きな切り身ですけどもw

というわけで
「サバ」がサビキで釣れるのかをチェックしたところw

・普通に釣れる
・というか寧ろ外道
・正直邪魔

酷い言われようでしたw
何故邪魔なのかwというと

・おいしくない
・割に手間がかかる
・ので釣り時間が奪われる
・くせにリスクが高い

という負のスパイラルコンボですw

まずおいしさなのですが
一般的にサバと言えば味噌煮とかが選択肢だと思いますが
小型サイズでは調理が面倒な上に味もいまいちw
でもまぁ食えないワケでは、ないんですけどw
食おうと思うと、サバの特性が立ちふさがりますw
その特性は大きく言って2つで
まずひとつは、足がはやいwつまり痛みやすいんですw
そしてふたつめは、アニサキス率が高いのですw
この二つを回避するために
釣ったら即締めて内臓を抜くくらいのことをしないと
鮮度が保てませんw
今日のボクのようにバケツに放置した挙句
氷締めすらせずにのうのうと持ってきたとあっては
どうなっているか見当もつかないレベルwww
そのような処理を行うと当然時間効率が悪く
特にサビキは手返しよく数釣りをす釣法のため相性が悪いですねw

という理由で
サビキ釣りのサバは残念賞の扱いでありましたので
嫁と審議の結果、今回のサバは見なかったことになりまして
残念ですが廃棄処分となり
ボクの釣果はアジ3匹になってしまいましt・・・

ん?この記事は・・・?

釣った小サバ、人間が食うにはいまいちですが
ぶった切った身は釣りエサとして再利用可能・・・だと・・・?
しる 2018/07/05(Thu) 15:43 編集
汁たんの釣りブログ 13日目
★13日目

帰宅した子供たちに
ボクの武勇伝を聞かせましたw
なお、サバは
「正体不明だから放流した」と
一部脚本に変更を加えておきましたw
いずれにしろ20匹近く釣れたのは事実なのですからwww

そういえば
Jrは無事宿泊体験学習で
釣りプログラムを実施できたそうですw
どんだけヒーローになったのかとわくわくしながら
話を伺ったところw

やはり現代に生きるガキどもwイソメは初体験が多く
キャーキャー騒いでいたらしいのですが
やはりそこはガキどもwww順応性も素晴らしく
結構すぐみんな慣れたそうですwwwやるなwww

で、釣り方はやはり落とし込み釣りで
リールのついていない竿で仕掛けを足元に落として釣るそうですw

最初に説明があり
トゲのある魚が釣れたら触るなw大人を呼べw
という注意事項があったそうで
おそらく「カサゴ」を警戒されているのであろうw
と推察いたしますw

そんな中、訓練された我らがJrは
アイナメを釣り上げ、自分でアイナメと判断も下し
自分で針もちゃんと取って、バケツに入れておいたそうですw

あまりに手際が良すぎたため
Jrが釣っていることに、周囲の大人が気づいていなかったw
という恐ろしいオチが付いていましたwいいんかそれでw

なおJrは
自分が見つけたポイントに
他の奴らが群がってきて奪われたw
ということをしきりに悔しがっていましたw

ボクは手放しで褒めておきましたw
すごいぞJrやるなJrワーwww

さて
そんな感じで旅行疲れのJrは
ボクのサビキ武勇伝には
あまり興味を示さなかったのですが
小魚を可愛がる汁子が食いつきましてw

まぁポイントもトイレ前で安全だし
連れて行ってやってもいいかなw
と思い、連れて行ってみますw

竿は2本で
サビキ1本、ブラクリ割きイカ1本ですw
まだあきらめていませんw(爆

結果から言いますと
問題のサバはどこに行ったのかわからないのですが
全く釣れず、アジのみ10匹超釣れまして
結果から言うと大勝利に終わりましたw
サバは何かの間違いで1匹だけ混ざってましたw
調べた結果
サバにはエサとしての価値があるから
持って帰ろうと思ったとたんにこれかよwww

お隣さんはガチサビキ勢でしたw
ガチサビキとは、長い磯竿に長い仕掛けをつけ
大きなサビキカゴをつける、まさに全力でサビキをするスタイルですw
我が家はサビキ釣りは正直まだ選択肢の1つから脱却できていないので
適当な仕掛け(しかも1セットしかない)なのですが
向こうのほうが大漁でしたw
やはり針も多いですし
手返しもアシスタント(奥様?)が居て早いですしねw
ウチのアシスタントの汁子は何の役にも立ちませんw

忘れかけていたイカ付ブラクリですが
巻いたら根がかりしましたw
地球しか釣れないようですw

そろそろイカは諦めつつあるボクですが
今回は外しに成功w巻き上げますとw

仕掛けゲットwww

釣り糸を引き上げて
その先についていたのが

なんかルアーwww
ん?このルアーはもしかして・・・?

「んで損失ですが
 汁子が100均で買ったジグをつけたエサ無し仕掛けセットが
 根掛かりのため半壊wジグはもちろんロストですw」
(7日目より抜粋)

こいつにそっくりwww
そういえばなくした場所もこの辺だった気がw
まさか海中にロストしたジグが戻ってくるとかw

まぁ調子に乗ってもっかいやったら
ブラクリ仕掛けをロストしちゃいましたけどもっw(爆
しる 2018/07/05(Thu) 15:48 編集
汁たんの釣りブログ 14日目
★14日目

大雨も落ち着いて
晴れ間がのぞいていたので
出発することにしましたw

隊員は
かわいい小魚と遊びたい汁子隊員ですw

ということは
ポイントはいつものアソコで決定ですw

いつものアソコについて
たまに自分も忘れるので
備忘の意味も込めて
今一度、詳細にメモをしておきますw

公園前で、港に続く水路であるアソコは
安全のために柵が設置されており
また公園の真ん前なので公園のトイレ等を利用することが
出来るため、住環境?としては最高の立地ですw
しかしその代償として
魚が釣れないのですwww
釣り場としては致命的すぎる弱点がありますw

いつもここで思考を停止してしまうのですが
今日は
どう釣れないのかw
をもう少し掘り下げておきましょうw

まず初心者にお勧めのサビキ釣りですが
ここで釣れたことはかなり少ないですw
最大の理由は
足元が浅すぎるんじゃないかw(推定推進1~2m)
と思っていますw

次に穴釣りでは
おそらく整備されすぎて穴がほとんどないようで
稀に釣れるのですがこれも確率で言うとかなり低めw
つかこの釣り方の問題点は
本来は場所を移動しながら釣るので
ファミリーで混雑しているからwという問題のほうが
大きいのかもしれませんw

そしてぶっこみ釣りでは
手前にある海藻と
エサ取りのフグくんが妨害してきますw
まぁぶっこみにおけるフグは宿命な気もしますけどw

最後にちょい投げを含む投げ釣りでは
暗黒貝がキス以上の俊敏さで食いついてきますw

忘れないように復唱しておきましたw
これを忘れた昨日のボクがどうなったかw
と言えばw

手持ちのアイテムと
釣りたい希望を秤にかけて
導き出した結論が

イソメ200円分を用意して
汁竿(長い磯竿)で投げ釣り
Jr竿(ちょっと長い竿)でブラクリ釣り
汁子竿(サビキセットの竿)でサビキ釣り
というちゃんぽんシフトwww
何か釣れればいいwという適当さですw

まずサビキの本気度をチェックしますw
サビキは魚が居ればさすがに釣れるので
アジが回遊していれば、全力で行くべきなのですw

ところで
残念なお知らせなんですけどw
海水が超濁っていますwww
まぁ前日まで雨でしたしねw
というわけで魚影の視認は不可能ですw

コマセを撒いても
どこに流れているかも見えない状況で
食いつきもありませんw
ボクに見えないということは
魚にも見えないんじゃないかなw
と思い立ち
ボクはサビキは諦めることにして
そのまま汁子竿を放置しましたw

汁竿に投げ釣りを仕掛けて遠投w
コイツは放置気味で行きますw
暗黒貝が怖いんですけれども
複数竿だとどうしても放置が出ますw

Jr竿はブラクリにイソメをつけて下げてみますw
さっそくアタリが感じられるのは
流石に割きイカとは違うwといったところw
まぁ相変わらずHITには結びつかないワケですがw

さて
ちょっと放置した汁竿をいじったところ

さっそく暗黒貝ゲットwww(涙

世の中では貝を釣るのはレアwと言われていますが
ことこの釣り場で投げ釣りをしていると
全然レアではありませんw
ハンマーで粉々にしてくれますw
ともかくコイツは針をかなり奥まで飲み込むので
くちばしを切っても出てこないときまであり
そうなるともう解体ショーするしかないんですねw
そして針に残ったくちばしで
何か釣れないかと投げ込んでみると

暗黒貝のくちばしで暗黒貝を釣るwという共食いwww
超うざいwwwコイツ超うざいわwww
ボクは魚類を釣りたいのですw
軟体動物?に興味はありませんw

そうやって汁竿をいじっていると
おそらく別の針が浮いた一瞬の隙を突いて
フグがかかっていましたw

2本針にフグと暗黒貝という
外道の両雄をぶら下げてしまいましたw
なお本日最初のおさかなとなったフグさんは
通常であれば憎悪の対象なのですが
今は暇を持て余した汁子の遊び相手となり
それなりに有用な存在となりましたw

なお
バケツで長時間鑑賞されたため
フグは死んでしまいましたが
これは虐殺ではなくw事故ですwww(嬉しそう

そんな感じで特にめぼしい釣果もないまま
だらだらしていますと
余所のご家族に話しかけられましたw

なんでも
これから釣りを始めたいので下見に来たそうですw

ボクなんかは速攻で釣り具を買いましたが
下見してから決めるw
なるほど慎重なご意見でありますwww(ぇ

お勧めを聞かれましたので
ちょうど都合よくいろいろ展開していましたので
まずはイソメを見せてみましたが
奥様にドン引きされましたので
これはまぁ、サビキから始めたほうがいいと思いますwうんw

ちょうど釣れてなくて放置中の汁子竿サビキがありまして
アミ姫もおすすめしておきますw
汚れないし、別の日に使いまわせるしで
正直ボクはもう冷凍ブロックは買わないと思いますので
ライトユーザーには自信を持っておすすめする一品ですねw

で、竿のしゃくり方なんかを教えますw
コマセが出るシーンが見えればより良かったのですが
なにせ濁っているので全然わかりませんけどもw

そのご家族のボクちゃんに持たせてあげると

なんかかかったらしいですw
ボクのときは何もかからないんですけどーwww
きっとビギナーズラックという奴に違いないっw(悔

しかしバラしてしまったご様子w
サビキで釣る対象の魚(アジ等)は小型で口が弱いので
アワセは要らないんだぜw
そっとリールを巻くといいんだぜw
と通のように指導しますw

ちょっと前に自分がその罠にハマっていたことは
敢えて申し上げませんw

一度かかったのであれば魚が近くにいるっぽいので
続けて頑張るといいと思いますwww
とアドバイスw
するとHITがあったようで
見事小サバをゲットですwww

ご家族はご満悦でしたw
ボクも祝福しておきましたが
個人的には小サバはハズレですwww
これがアジだったらサビキに全力シフトしてましたがw

お子様の中のおにいちゃんは
なかなか知識はあるようで
サバをサバと見抜いていましたw
前々回のボクより詳しいということですねwちくしょうw

ご家族がお帰りになりまして
しばらくしてから
放置してあった汁子サビキを
何の気なしに引き上げたら

デカい魚が付いてきたwww

20cmまでは行ってないんですけど
残念ながらボクの知識にはない魚ですw
これは審議対象w
ということで、UMAシフトで回収しますw

UMAシフトとは、どんな危険性があるかわからない場合に
用いられる捕獲体制でありまして
要はトングで挟めって意味なんですけどねw

銀色系のふつうの魚っぽいフォルムなんですが
口がデカいっすwそしてエラもデカいw
なんだろうコイツw
とりあえずバケツ確保しましたw

その後投げ釣り汁竿に
小さなアイナメがかかりましたw
リリースしてあげたかったのですが
針を飲んでいましたので
針外しで頑張って取りましたw

過去に比べて比較的スムーズに取れたと思うのですが
残念ながらちょっと間に合わなかったようで
動かなくなってしまいましたので
不本意ではありますが、持ち帰ることにしますw

大体こんなところで
最終釣果は

・謎の魚×1(K)
・アイナメ×1(K)
・小サバ×1(R)
・小サバの稚魚?×1(R)
・フグ×1(D)
・暗黒貝×4(D)
※記号の意味は
(K)・・・キープ
(R)・・・リリース
(D)・・・お亡くなりになったのを放流(爆

損害は
・投げ釣り用針1本(暗黒貝に千切られる)
・イソメ200円分
・アミ姫の中身少々

小サバの稚魚?というのは
これまたサビキに残念な感じで食いついていた
煮干しレベルの魚でしたw
しばし汁子が愛でておりましたw
アジではないwと汁子が言っていましたが
よくわからないのですw
あと小サバもご家族がお帰りになったら速攻リリースしましたw

個人的には
少々小型でしたが
アイナメが
このあたりでの一番理想的な釣果だと思っていますw
しかしブラクリでは釣れないため
実は今回、針と糸のみのキットを
少し購入して持ち込んでおりましたw
ブラクリでは釣れないのですが
ブラクリをオモリとして
この針と糸をつなぐことで
ぶっこみ釣りを効率よくやろうかw
と考えていたのですが
いろいろやっているうちに忘れてしまったので
これはそのうち改めてやろうと思いますw

さて
審議事項となった
謎の口の大きな魚ですが
調査の結果w

セイゴ(スズキの小型)に一致率95%ですw

スズキはルアー釣りの対象魚として
人気がある魚ですw
特徴的なのがエラwかなり鋭く、当たると道糸すら切ることがあるw
という凶器っぷりですw
引きがよいことから、ルアー派のメインターゲットになっていますw
性格は貪欲で、動いているモノにはとりあえず食いつくらしく
そこもまたルアー釣りに適した魚であると言えますねw

まぁ放置してあったサビキになぜ食いついたのかw
という謎は残るのですが
それも調べたところ珍しい話ではないようですw
ふわふわ浮いていた針をなんとなく食ってしまったのでしょうw

とりあえず
釣る気が全くなかったワケで
そういう意味では「外道」となりますw
次回釣ろうと思っても
釣り方もよくわからないワケですけれどもwww
しる 2018/07/09(Mon) 11:46 編集
 HOME | 31  30  29  28  27  26 
Admin / Write
最新トラックバック
ブログ内検索
著作権表記に基づく表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.